Think Ahead

先を考えようか。。。 by Crew Cut

安倍政権の支持率。。

日韓外相会談で、韓国外相が歴史問題に関して、また我が国に文句を言ったそうな。。それに対して、麻生外相は、「河野談話を継承します」と強調したそうだ。コイツらは一体何をやっとるんだ。。安倍首相は、首相就任前に河野談話の見直しを広言していたはずだ。我々有権者は、「こう言う人ならぶれない政治をやった小泉首相の後継として、しっかりした改革を進めてくれるはずだ」と考えて、安倍首相就任を本当に喜んだ。

しかし、現実はぶれるぶれる。。。やる事成す事何の筋も無い。勿論、教育基本法を改正した事や防衛省への昇格など、大きな実績もあるように見えるが、それは小泉首相が地ならしをして、きちんとレールを引いておいたからできた事で、安倍首相の功績ではない。少なくとも国民はそう思っている。

そのお陰で、支持率は下がりまくっている。それもこれも、きっちりした保守派としての期待を裏切るたびにどんどん落ちる。。。先も書いたが、支持率が落ちる事は自分がやりたい政治ができなくなる事である。スキャンダルに巻き込まれる事である。そして、その収拾に追われて、ますます政治ができなくなる。従軍慰安婦問題が出た時に、安倍首相がきちんとした態度で、各国にその誤解を説明していれば、また、河野談話の見直しを広言していれば、国民は彼を見直し、支持率も上昇したかもしれない。何もかもが、中途半端だとしか言いようが無い。

いいかげんに目を覚ませ!自分がやろうとした政治が今できているのか?しっかりしろ!

北ミサイルの迎撃要件

久間防衛相が、「7月の北ミサイル事案は、今般閣議決定を見た弾道ミサイル迎撃の条件には当てはまらない」と言ったそうだ。コイツはアホかぁ!

先頃、我が国の世論の後押しに応じて進んで来た、弾道ミサイル防衛に関する様々な施策、法的整備は全て、北朝鮮がやって来た「突然のミサイル発射」に端を発している。それも、この7月に行われたミサイル発射は、その数も、最新鋭のテポドン2を発射した事でも、これまでの例とは段違いに我が国へ脅威と恐怖を与えた。その事に関して、迎撃の要件に当たらないとはなんだ!コイツは盲か!こんなアホンダラが初代防衛大臣かぁ?!

百歩譲って、この閣議決定が、北が実施するミサイル実験は範囲外だとしていても、我が国に着弾する恐れが明確ではない場合には、迎撃できるようしなければならない。でなければ、誤って我が国に着弾しようとする北の実験ミサイルを迎撃できないからだ。大臣は、「迎撃できる権限を与えながらも、その都度、状況を見て迎撃するかしないかを適宜決定する」措置を行わなければいけないはずだ。それでなければ国民を守れない。それを、今回の発言で、「防衛省としては、先般の状況では迎撃しない」と明言した事になり、「誤って着弾するミサイルでは国民は死んでくれ」と言っているに等しい。久間は本当に自分が言っている事が分かっているのか?国民を守るためには、自分は犠牲になっても良いと考えているのか?

この大臣はさっさとやめさせるべきである。

日豪安全保障共同宣言

我が国がオーストラリアと安全保障に関する共同宣言を行った。これは、ある意味、同様な価値観を持ったオーストラリアと歩調を取った中国包囲網を構築するための、大きな一歩である。

我が国は米国一国を安全保障のパートナーとして来た。この同盟関係は、いわゆる「同盟のバンドワゴン」として捉えられるもので、我が国は常に「捨てられる恐怖」と「巻き込まれる恐怖」にさらされて来た。最近の慰安婦問題も、この捨てられる恐怖におののいているわけだ。そう言った現状で、やはり別の国との安全保障関係の強化は、非常に有意義であり、更に、オーストラリアとはバンドワゴンではなく、バランシングな関係を保てる事になり、ますます重要な国となりそうだ。

勿論これは、中国包囲網の一環であるし、インド、モンゴルと同様な関係が構築できれば、その包囲網は一応の完成を見る事になるだろう。価値観を共有する国としては韓国があるようだが、我が国は韓国との同盟(緩やかなものも含めて)は、望まない。むしろ、中国と一緒に包囲してしまう状況を作り出すべきだ。

この共同宣言は、歴史的なものであり、中国に憂慮を与えた事からも、非常に効果的な外交の成果であるだろう。

米国での慰安婦問題の裏?

すごい記事を見つけた。なぜ、慰安婦問題の当事者でもない米国が、我が国に対して政府の謝罪を求めるかを論じたものだ。国際派時事コラム「商社マンに技あり!」という記事である。

これによると、「新たに日本政府に謝罪をさせておいて、米国で慰安婦に関する補償を日本に請求できる法律を作る。これができれば、中韓の人間達は米国で日本を訴え続けるだろう。米国の弁護士は大もうけ(米国では議員は殆ど弁護士である)」という事である。すごい分析だ。。。

日本政府よ、負けてはいけない。新たな謝罪などとんでもない。頑張れ!

慰安婦バッシングに負けるな!

安倍総理に応援を!海外からの慰安婦バッシングに屈してはならない。

そもそもこの問題は米国下院の「従軍慰安婦非難決議案」に端を発している。我が国は米国が苦しい時に手を差し伸べて、イラクへの自衛隊派遣までやって来た。それが、民主党主導の下院で、我が国を非難しようとする決議案が提議されるとは、つくづく、軍事弱小国はいじめに耐えなければ生き残れない現実を目の当たりにするような気分である。更に、この非難決議案が韓国ロビーの策動によって表面化したとなれば、我が国は韓国とのつきあい方を根底から考え直す必要がある。

安倍総理は、総理就任以前、従軍慰安婦に関する河野談話に疑問を呈して来た。また、その談話を見直すのも当然と思える事実も浮上して来ているので、総理が河野談話を見直すことは至って自然な流れである。しかしながら、一旦出してしまった政府の談話をひっくり返す事は、この談話によって利益を得られている特定アジア諸国に取ってみれば、認められない事なのであろう。そう言った事も含めて、この慰安婦問題には、変な国際政治のパワーバランスが絡み合っており、ああ言ったから誰が悪いだの、こう言ったから誰が悪いだのという議論が、説得力が無く、浮いてしまったものとなるのだ。故に、皆が満足する解決策などは無い。そうなれば、自らの道を貫くのが、総理としての道だろう。

米国の民主党系新聞が、安倍総理に非難を浴びせ、事もあろうに天皇陛下に関してさえ論調を加えている。許されざる行為である。明らかに日米同盟にひびを入れる所行であるし、民主党の大統領が誕生すれば、我が国は日米同盟を見直す事も必要になってくるだろう。安倍首相!頑張れ!こんな弱小のブロガーだが、この件に関しては、首相が軸をぶらさない限り応援したい。

 | HOME |  »

Appendix

crewcut

crewcut

辛口かもね。。。



※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks