Think Ahead

先を考えようか。。。 by Crew Cut

6者協議 - 北朝鮮の勝利か?

北朝鮮代表の金桂寛外務省次官が見せる、「してやったり!」の満足そうな笑顔。米国の資金凍結解除を受けて、北朝鮮はこの外交的な勝利を大いに楽しんでいるように見える。

6者会談が決裂した。米国が北の資金凍結を解除したにも関わらずだ。BDAにおかれていた北朝鮮の資金を北朝鮮に返還する手続きに時間がかかっているためである。北朝鮮に取ってみれば現金が手に入らない事には、いつ、また資金が凍結されるか分からないために、引き続きの協議を躊躇したのであろう。安倍首相は、「このような北朝鮮の行動は何も生まない」と言っているが、さもあらんというのが私の印象だ。

そもそも、米国の北資金凍結は、偽ドル疑惑や麻薬関連のマネーロンダリング疑惑によるもので、北朝鮮の核問題とは何も関係ないことが原因であったはずだ。米国も、6者協議で話し合われる核問題とは何も関係がないと言っていたものである。しかし、実態は北朝鮮に核放棄を迫るために米国が導入した外交カードだったようだ。しかも、敵国の資金凍結は自国内の金融機関に対して発動されるのが一般的であるが、今回は、マカオにある第3国の金融機関が保有している口座に対して行われた。「凍結しないのなら、BDAは米国の金融機関と取引できない」という脅しによるものである。ここまで、米国の一極支配は進んでいるのだと実感させられる一幕である。

北朝鮮は核廃棄の見返りを、多く要求しているらしい。ポッと出の資金凍結カードに屈するだけでは、せっかく作った核カードの働きが不十分であるからだ。しかし、米国の北朝鮮に対する敵対姿勢は殆ど変わらないし、今回の成果が、米国が資金凍結解除したためというのなら中国の外交力も評価できない。ロシアは何もしないし、韓国は理由をつけて援助をしたいだけ。我が国は拉致が収まらなければ援助はしない姿勢を明確にしている。更に言えば、核施設の凍結を解除する事は多大な努力を強いられるが、米国はまた新たな資金凍結をいつでも発動できる。

どうやら、北朝鮮に取ってそれほどの大きな外交的な勝利とは言えないようだ。

米よ、まただまされるのか。。

楽観論のはびこる6者協議で、クリントン時代の米朝協議結果が再演されそうだ。北朝鮮がある程度、核の破棄に向けた動き(これを初期段階措置と言うそうだ)をする事で、彼の国に各種支援を行うとするものだ。クリントンが行った米朝の94年協議の場合、その結果はとても皮肉で、北朝鮮は結局核開発を秘密裏に進め、我が国を始め、見返りの支援を行った国々の多額の資金が、金正日体制に吸い取られた。

前回の教訓に鑑みて、ブッシュ政権ではこのクリントンのやり方を徹底的に批判し、米朝二国間の協議ではなく、他の国々も交えた形での6者協議で問題を解決しようとした。しかし、米国のイラク政策の失敗から、米国は北朝鮮政策で非常に限られた外交政策を求められ、結局はクリントンのやり方と何も変わらない結果を導く事になりそうだ。

米国よ、一体お前らは「学ぶ」と言う事をしないのか?「後戻りできない核放棄」はどこに行った?「悪事に対する見返りはない」という信念はどこに行った?本当に根性がない国だ。北朝鮮の一人勝ちではないか?

北朝鮮に取ってみれば、適当な線で核放棄を匂わせる事で、拉致問題を抱える我が国を孤立させるという戦略上非常に優れたオプションまで与える事になる。安倍首相よ、だまされてはいけないぞ。最早、拉致問題がある我が国だけが、この唾棄すべき安易な合意を、反古にさせる可能性を留保している事を忘れてはならない。

イラク撤退?

米国がイラクから撤退したがっている。勝手に戦争を始めておいて、戦後の体制もしっかり確立しないまま撤退だとぉ?あまりにも勝手すぎないかぁ?

米国大統領候補のヒラリー・クリントン氏が「私たち議会がこの戦争を(次の大統領に交代する)09年1月までに終えることが出来なければ、私が大統領として終わらせる」と言っている。また、我が国でも麻生外務大臣が「米国のイラク占領政策は幼稚だった」だと言及した。全くその通りである。米国は戦争が終わってから、3000名以上の死者を出しており、米国内でも厭戦気分が蔓延している事は理解できる。しかし、自分たちが始めた戦争である。やる事はやらなければならないのではないか?

日本の戦後では講和条約が締結されるまで、7年間あまりの占領期間があった。その間、GHQは、検閲はするは、憲法は押し付けるは、国際法違反をやりまくって、我が国の体制を徹底的に改造した。しかし、その結果、安定した戦後が長い期間続いた事は否定できない。しかるに、イラクではあっという間に占領期間をやめてしまい、アメリカはさっさと手を引きたがった。しかし、テロの嵐は吹き捲くって多くの米兵が犠牲になったのだ。なぜ、こんなに早く占領をやめてしまったのか?やる気がなかったとしか言いようがない。アメリカがイラクから手を引いたあと、イラクは完全な内戦状態になり、イラク国民はいや〜な時期を迎える事になるだろう。

新しい大統領がイラクから撤退すると決めた時、全世界は米国のあまりにも勝手なやり方に、あきれるか、信用しなくなるか。。。いずれにしても、米国の新孤立主義は始まってしまうのだろう。

 | HOME | 

Appendix

crewcut

crewcut

辛口かもね。。。



※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks