Think Ahead

先を考えようか。。。 by Crew Cut

慰安婦バッシングに負けるな!

安倍総理に応援を!海外からの慰安婦バッシングに屈してはならない。

そもそもこの問題は米国下院の「従軍慰安婦非難決議案」に端を発している。我が国は米国が苦しい時に手を差し伸べて、イラクへの自衛隊派遣までやって来た。それが、民主党主導の下院で、我が国を非難しようとする決議案が提議されるとは、つくづく、軍事弱小国はいじめに耐えなければ生き残れない現実を目の当たりにするような気分である。更に、この非難決議案が韓国ロビーの策動によって表面化したとなれば、我が国は韓国とのつきあい方を根底から考え直す必要がある。

安倍総理は、総理就任以前、従軍慰安婦に関する河野談話に疑問を呈して来た。また、その談話を見直すのも当然と思える事実も浮上して来ているので、総理が河野談話を見直すことは至って自然な流れである。しかしながら、一旦出してしまった政府の談話をひっくり返す事は、この談話によって利益を得られている特定アジア諸国に取ってみれば、認められない事なのであろう。そう言った事も含めて、この慰安婦問題には、変な国際政治のパワーバランスが絡み合っており、ああ言ったから誰が悪いだの、こう言ったから誰が悪いだのという議論が、説得力が無く、浮いてしまったものとなるのだ。故に、皆が満足する解決策などは無い。そうなれば、自らの道を貫くのが、総理としての道だろう。

米国の民主党系新聞が、安倍総理に非難を浴びせ、事もあろうに天皇陛下に関してさえ論調を加えている。許されざる行為である。明らかに日米同盟にひびを入れる所行であるし、民主党の大統領が誕生すれば、我が国は日米同盟を見直す事も必要になってくるだろう。安倍首相!頑張れ!こんな弱小のブロガーだが、この件に関しては、首相が軸をぶらさない限り応援したい。

コメント

黒幕は中共

crewcutさん、TBありがとうございました。
今回の一連の騒動が韓国ロビィによるものだとしたら、そのロビィは大成功ということになりますが、黒幕は中共だと思っております。
以前、朝日新聞に中共が資金援助しているのではないかという書き込みが2ちゃんねるにあり「極右評論」で取り上げられていました。
朝日新聞の報道姿勢を見れば、状況証拠的に可能性高しと見てもそう間違っていないと思います。
となると、NYT、LATにも中共の手が及んでいる可能性は高く、同じく中共の犬であろう共同通信と連携して、
NYT、LATで強行な社説を載せる→日本に即伝わるようにする
という流れで、日本国内に反米的な雰囲気を作り上げることを狙っているのではないかと思うわけです。
安倍首相のすべきことは、最も大胆な選択肢として、中共の策謀にかかった振りをして、核武装論を再燃させることがあります。これは恐らくできないでしょう。そうすると、訪米前に、この問題を真実を米国議会に伝える形で沈静化させておいて、訪米前に、日本国内の世論を中共の軍事的脅威論に持っていくのです。
訪米中には、主に中共の軍事脅威について話し、何らかの声明を全米に伝わるように発表する。
これが黒幕中共にとって最も痛い報復となるでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://crewcut.dtiblog.com/tb.php/27-ce4ef84d

米国慰安婦論争の黒幕は中共だ!PART1

昨夜、「緊急声明」と題して、LAタイムズと黒幕に報復すると表明した。( 緊急声明−天皇陛下に謝罪要求したLAタイムズと黒幕に報復 する手段は? )冷静な怒りを原動力に夜明けまで今回の一連の騒動を考察した結果、状況証拠的に、今回の黒幕は中共であるという結論に至

辞職せよ、山崎拓殿!

ランキング(政治)に参加中特定国の政治家・山崎拓は日本に「不要」!山崎氏、首相発言に「弁解がましい」 慰安婦問題で  自民党山崎派の山崎拓会長は8日の派閥総会で、安倍晋三首相が従軍慰安婦動員をめぐり「官憲が人さらいのよ

 | HOME | 

Appendix

crewcut

crewcut

辛口かもね。。。



※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks